• Custom Pro White

vol.010 dog は god… 犬は神様


ピィー、ピィー。鳴り響きます。緑の中、町の中、大気を切り裂いて伝わります。私と愛犬クロにしか聞こえない、信頼と愛情のメッセージ。


もう25年以上も昔の話。初めて飼ったクロはまったくの放し飼い。用事がある時、食事の時、夜小屋に寝かせる時、犬笛でピィーと呼び寄せる。あとは自由気まま。お隣のばあさんの話し相手。向かいの小さい子供の遊び相手。よく隣りの家のサンダルや、でっかいへびもくわえて来てたけど、人の中で、幸せだったね。クロさん。


あれから、私の犬は現在3匹目。2匹目もやはり黒柴の初代ドン。クロがいなくなっても忘れられない私は、同じ型の犬しか飼えません。


初代ドンは今から15年程前。この頃は道路を走る車が急に増え、今度は車が少ないのを見はからい、遠くに放してからピィーピィー。耳を立て、音をとらえ、伝わると、まさしく疾駆疾走。矢のように走ってきます。「おー、よしよし。来た、来た。」他人には見えない、聞こえないけど、信頼のサイン。人と犬の愛情が伝わるって事。多分これが究極だと思います。


3匹目は、現在の2代目ドン。私の家の前は、日本中の例にもれない意味のない公共工事。そのためブルドーザーやダンプカーに、また生き物は追いやられます。人の都合で犬は鎖につなげって決められます。我が家のDoneもわずかばかりの庭の中での放し飼い。


犬…。自由に走り回らせてみたいなあ。


ピィー。草原の中、しげみの中、突き破って駆けてくる「けなげで」「ハートにあふれた」生き物…「Dog」


あなたの姿に私は元気づけられます。生きる事にまっすな姿に勇気もらいます。


天国からクロが見てるよね。僕の頃はよかったなあって…。


私はひそかに脱走の計画を企んでいます。この企て、まだ少し遠いけど、いつかきっと。


今、疾駆疾走のリバイバルシーン求めて、我が家の新たに増えたMダックスのチョコと2匹、マイファミリーで、犬の走り回れるキャンプ場、フィールドを探しています。


ピィー、ピィー、大気を切り裂いて伝わります。


耳を立て、音をとらえ、矢のように走ってくる…生き物「Dog」


けなげな姿に、また会いたいなあ。


☆キャンプ場で犬を遊ばせるのは、シーズン中は難しい所が多いけど、オフになればOKの所結構あります。ただし犬を放すのは、十分な訓練、周到な計画が必要です。人の迷惑にならないように注意しましょう。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

vol.053 寅さんに会おうと決めた

カーバイトを燃やしたアセチレンガスの匂い、バナナの叩き売りをやっているオジさんたちが、ねじりハチマキをきりりと引き締める。「さぁさぁ寄ってらっしゃい、見てらっしゃい。そのオア兄さん、粋なねぇさんも寄ってきな。不老長寿、精力増強の万能食品、新鮮なバナナの大安売り ! 一本食べれば、オタクの母ちゃんが20歳若く見え、朝のカラスが鳴くまで寝かせネェよってほど精のつく食いもんだ。 ほらそこのおじいちゃん、

vol.052 水辺の生き物たちから学ぶ

今年の夏は、「暑い!」、「熱い!」 と呻いているうちに終わりました。私は暑さを避けるため、毎朝4時半に起きて、昼までに1日分の仕事を終え、最も暑さが厳しくなる午後はこまめに水分を補給して、疲れたら休む。 そんなふうにしてなんとか乗り切りました。 それでも、人間は文明の利器が使えるから、まだ自然界の生き物よりは楽かもしれません。 私たち人間は、夏はエアコン、扇風機で涼を取り、冬は電気やガスの暖房に

vol.051 気分はいつまでもフィールドのガキ大将

6月のはじめ、名古屋からの来客N氏を空港まで迎えにゆきました。それから次の日の朝まで、N氏と充実した会話が続きました。 N氏。 当社のキャンピングカーをご注文いただいた中野さんのことです。 インターネットが浸透したこの情報化社会。 メールだけでも十分にコミュニケーションが取れる時代にもかかわらず、わざわざ飛行機を使い、泊まりがけで、“遊びの商品” を見に来るなんて、そんな例はあまりありませんよ。

〒859-3806

長崎県東彼杵郡東彼杵町三根郷1031

Tel. 090-2859-2253

Copyright © CUSTOM PRO WHITE All Rights Reserved.