• Custom Pro White

vol.012 鉾の重さと海中スピードの法則



たまに東京へ行った帰りの飛行機。私はいつも窓側。長崎へ着くまでずっと海ばかり見ています。たまに美人のスチュワーデスさんも見ていますが…。


海。東京から瀬戸内海、そして九州。だんだんきれいになってきます。青く青く…。それとは反対に県民所得は減っていきますが。そこで、海の青さと所得の反比例の法則発見。変なことばかり研究しています。


変な研究といえばもう一つ。これはマニアックでわかりづらいかもしれませんが、ご勘弁を。魚を鉾で突く、多分これが漁業の原点です。


「鉾の重さと海中スピードの法則」


こんな馬鹿なことを考える人まずいませんし、研究開発費も出ないでしょう。


もちろんボンベを背負い、水中銃で待ち伏せれば一発必中。でも生き物を捕るのに、道具を使ってずるいことをすべきではない。これは私のモットーです。第一、法にもふれますしね。あくまでも水中メガネとフィンとシュノーケル、これが原点。それと長い鉾。ここまではお許しを…。


大物がいそうな所まで泳いでいく。音がしないよう、波に逆らわず、すばやく、気配をさとらせず、目は海中を見渡し、めったに会えないターゲットにかける。でも、そう簡単には捕れず、一人の反省会。これだけやって捕れないのは、そうだ! 鉾が悪い。そんな結論にいたり、この研究が始まったのでした。


はじめは潜水用具店で買ったジョイント式の3mぐらいの鉾からスタート。しかしジョイント式は重くてスピードが出ない。いろいろ考え、いつかテレビで見たあの沖縄の漁師が使っていた竹を思いついた。あれがいい!


早速、山から竹を切ってきて使ってみると、かなり根元が太くなり抵抗が大きい。なかなか思うようにできない。悩んだあげく、竹屋さんに頼んでとってもらった中国の竹。これは先から根元まであまり変わらない太さ。細くて強い。でもこれもまたトラブル。何日か海の中で使っていると水中で曲がってしまう。


結局いきついたのはアルミパイプ。ウン、これでいけるかな? でもこれもまたトラブル。パイプの中の空気のために浮いてきて軌道が定まらない。海水を入れると重すぎる。パイプの中にオイルを入れて比重を海水と同じにしてみた。これでいけるはず。


いけました! それ以来ずっとこれでやってます。


鉾が落ちつくと、大物も次第にゲット。最大、マゴチ57㎝。エヘン!


アウトドアの変な研究に計り知れないエネルギーを費やしました。他には焼きイモの研究、まずい魚のおいしい食べ方。そうそう、焚き火もか…。


シンプルであほらしい研究ほど長く続きます。


何かやっていますか? 何だっていいんです。追いかけたら楽しいよ。じっと見つめたら、追いかけたら、…おっと美人のスチュワーデスさん、あまり見ないようにします。…反省。

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

vol.053 寅さんに会おうと決めた

カーバイトを燃やしたアセチレンガスの匂い、バナナの叩き売りをやっているオジさんたちが、ねじりハチマキをきりりと引き締める。「さぁさぁ寄ってらっしゃい、見てらっしゃい。そのオア兄さん、粋なねぇさんも寄ってきな。不老長寿、精力増強の万能食品、新鮮なバナナの大安売り ! 一本食べれば、オタクの母ちゃんが20歳若く見え、朝のカラスが鳴くまで寝かせネェよってほど精のつく食いもんだ。 ほらそこのおじいちゃん、

vol.052 水辺の生き物たちから学ぶ

今年の夏は、「暑い!」、「熱い!」 と呻いているうちに終わりました。私は暑さを避けるため、毎朝4時半に起きて、昼までに1日分の仕事を終え、最も暑さが厳しくなる午後はこまめに水分を補給して、疲れたら休む。 そんなふうにしてなんとか乗り切りました。 それでも、人間は文明の利器が使えるから、まだ自然界の生き物よりは楽かもしれません。 私たち人間は、夏はエアコン、扇風機で涼を取り、冬は電気やガスの暖房に

vol.051 気分はいつまでもフィールドのガキ大将

6月のはじめ、名古屋からの来客N氏を空港まで迎えにゆきました。それから次の日の朝まで、N氏と充実した会話が続きました。 N氏。 当社のキャンピングカーをご注文いただいた中野さんのことです。 インターネットが浸透したこの情報化社会。 メールだけでも十分にコミュニケーションが取れる時代にもかかわらず、わざわざ飛行機を使い、泊まりがけで、“遊びの商品” を見に来るなんて、そんな例はあまりありませんよ。

〒859-3806

長崎県東彼杵郡東彼杵町三根郷1031

Tel. 090-2859-2253

Copyright © CUSTOM PRO WHITE All Rights Reserved.