• Custom Pro White

vol.017 離島めぐりは異国の旅


こ何年か、私のオートキャンプはいつも決まった場所、お気に入りの2ヵ所。波の音が聞こえる海辺と、森の中、木立の中の草原。


もう何回も、何十回も、家族からは「たまには違う所に行こうよ」と責められながらも、私はそれなりに楽しんでます。


春のそよ風、夏のお陽様、秋の木枯らし、冬の寒風…同じ場所で感じる季節の移り変わり。毎年どこか違っているんです。でも私の周りの人は皆、それは私が無精だから…そう思っているみたいです。このナイーブな性格(?)、なかなか理解してもらえません。


遠い昔、いろんな所へ行きました。オートキャンプのスポットを探してあちこちへ出かけました。でも今、よく思います。地面は同じ。空も同じ。日本、どこへ行っても見る風景はあまり変わらなくなった。ここ数年、急速に道路は整備され、施設も完備され、そして日本全国そこにいる人もなぜか標準化…? たいして変わらない。どこへ行っても同じなんです(無精の言い訳)。


こんな怠惰な私が、今一番行きたい場所。それは海の向こうのパスポートのいらない外国。島国日本にはあるんですよ。お勧めスポット……そう、離島。“プチ・アイランド”です。


フェリーが本土を離れて行きます。対岸はすぐ向こうに見える。だけどなぜか胸がドキドキします。気分はもう異国への旅。島が近づき、フェリーを降りてまさしく上陸。降りた所はもう外国。


信号のない島もあります。スナックもコンビニもない島もあります。でも海も空も驚くほどクリア。見たこともない風景に思えます。そして出会ったことのないタイプの人々にもきっと会えます。


アイランドの住人はなぜかみんなヒューマン。青い空、すんだ空気、そして真っ青な海。そんな中に住む人々の暮らし。そこにはありのままの自然があり、人間が住んでいます。


朝、地平線の向こうからお陽様が昇り、夕方、海の向こうに落ちていく。ゆったりと流れる時間。アイランドに時計はいりません。自然のリズムきっと感じるはずです。


次回のエッセイはアイランドのキャンプレポート。お楽しみに。

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

vol.053 寅さんに会おうと決めた

カーバイトを燃やしたアセチレンガスの匂い、バナナの叩き売りをやっているオジさんたちが、ねじりハチマキをきりりと引き締める。「さぁさぁ寄ってらっしゃい、見てらっしゃい。そのオア兄さん、粋なねぇさんも寄ってきな。不老長寿、精力増強の万能食品、新鮮なバナナの大安売り ! 一本食べれば、オタクの母ちゃんが20歳若く見え、朝のカラスが鳴くまで寝かせネェよってほど精のつく食いもんだ。 ほらそこのおじいちゃん、

vol.052 水辺の生き物たちから学ぶ

今年の夏は、「暑い!」、「熱い!」 と呻いているうちに終わりました。私は暑さを避けるため、毎朝4時半に起きて、昼までに1日分の仕事を終え、最も暑さが厳しくなる午後はこまめに水分を補給して、疲れたら休む。 そんなふうにしてなんとか乗り切りました。 それでも、人間は文明の利器が使えるから、まだ自然界の生き物よりは楽かもしれません。 私たち人間は、夏はエアコン、扇風機で涼を取り、冬は電気やガスの暖房に

vol.051 気分はいつまでもフィールドのガキ大将

6月のはじめ、名古屋からの来客N氏を空港まで迎えにゆきました。それから次の日の朝まで、N氏と充実した会話が続きました。 N氏。 当社のキャンピングカーをご注文いただいた中野さんのことです。 インターネットが浸透したこの情報化社会。 メールだけでも十分にコミュニケーションが取れる時代にもかかわらず、わざわざ飛行機を使い、泊まりがけで、“遊びの商品” を見に来るなんて、そんな例はあまりありませんよ。

〒859-3806

長崎県東彼杵郡東彼杵町三根郷1031

Tel. 090-2859-2253

Copyright © CUSTOM PRO WHITE All Rights Reserved.